2015年度(平成27年度)、2016年度(平成28年度)の2年間、「アンテナインテグレーテッド」サービスをご利用いただき、当社にて「高崎ものづくり海外フェア」の企画・運営を行いました。

まずは、動画(平成27年度、ポーランド・ワルシャワでの商談会風景)をご覧ください。


プロジェクトの背景

群馬県高崎市は、東京から新幹線で1時間の距離にある、達磨のメッカ(日本の達磨の90%が高崎だるま)、縁起のいいまちとして知られています。最近は、キングオブパスタの開催で盛り上がってきているパスタの町としても知られてきています。

昔から富岡製糸場の絹を運ぶために鉄道関連技術が産業を牽引してきており、今も、上越新幹線と北陸新幹線の結節点という交通の要衝ということで、商業だけでなく工業も発達した都市の一つです。人一倍「ものづくり」へのこだわりが強い地域だということができます。

 

プロジェクト概要

市内企業の海外販路開拓支援のための「海外ものづくりフェア」事業として、平成27年度はチェコ・ポーランド、平成28年度はシンガポールで、市単独で商談会を開催しました。

 

プロジェクトの特徴

日本全体で、内需低迷が叫ばれる中、海外への輸出促進のための事業が各所で展開されていますが、多くの場合、大きな展示会に出展するか、日本関連のブースに参画するか、で単独で場所を借りて実施しました。市レベルでの類似の例は、他では見たことがありません。

 

プロジェクト成功に向けたのキーポイント(シンガポールの場合)

「アンテナインテグレーテッド」サービスでは、常に戦略PRという考え方で、単なるイベント企画・運営受託体に留まることなく、現地の環境を把握した上で、当社のノウハウをフル活用した企画・運営を行います。

「高崎市」を如何に認知させ、現地イベントへの誘致に留まらず、その後のビジネス交流を加速させるために、様々な仕掛けを作って行きました。

  • 現地メディアでの記事化のための活動
    • 現地メディアの高崎への取材誘致
    • シンガポールの政府外郭団体(シンガポール製造業連盟)とのMOU締結
    • シンガポールメディア向けのメディアカンファレンス開催
  • 候補バイヤーの調査・リスト化、商談会への誘致

 

成果

本イベントでの商談を通して、半年も経過することなく参加企業A社のシンガポールへの輸出が始まりました。

また、その商談において興味を示した現地企業が、参加企業B社の工場まで足を運び、ビジネス連携の模索が始まりました。

 

嬉しい想定外

シンガポールにおける一年間の活動を通じて、想定外の嬉しい出来事が二つ起こりました。

一つ目は、2017年4月にシンガポールから政府要人を団長とする訪日ミッションが高崎市を訪れ、市内企業を視察し、意見交換を行ないました。

シンガポール経済視察団が高崎訪問 労働省担当大臣が市表敬(東京新聞)

二つ目は、シンガポール・日本の共同制作映画のロケ地・舞台として高崎市が選ばれました。2016年はシンガポール・日本の国交50周年という記念の年でした。その年に、シンガポールで話題になった高崎市を、シンガポール映画界を牽引する映画監督エリック・クー監督が、制作予定だった両国を題材にした映画のストーリーに組み込んだという形になります。2017年に両国で撮影し、2018年にシンガポール・日本のみならず世界で公開される予定です。

エリック・クー監督、新作を高崎で撮影 “映画の街”群馬県高崎市が協力(共同通信WEBニュース)

 

参考:イベント向けに用意したWebサイト

Japan Business Expo 2015, Takasaki Day in Poland(平成27年度、チェコ・ポーランド)

Japan Business Expo 2016, Takasaki Day in Singapore (平成28年度、シンガポール)